海外FX業者で取引する理由

海外FXで取引するには、まず海外FX業者に口座開設する必要があります。

海外FX業者とは、海外でライセンスを取得し海外に拠点があるFX業者です。国内FX業者は、日本国内にて金融庁の第一種金融取引業者として登録していますが、海外FX業者は海外の金融庁でライセンスを登録しています。

まずは無料の練習用デモ口座で取引する方法

海外FX業者で取引する理由

レバレッジの高さ

なぜ、海外FX業者でわざわざ取引するのかというと、国内FX業者よりいくつかメリットがある為です。

特にメリットが大きいのは、最大レバレッジの高さがあります。国内FX業者は、金融庁の規制により最大レバレッジが25倍、将来的に10倍になるとニュースで伝えられています。

→ 海外FX業者の選び方

しかし、海外FX業者は、レバレッジ規制がないので、100倍200倍はもちろんのこと、中には500倍以上のレバレッジを提供する海外FX業者も多く存在します。レバレッジが大きいということは、少ない資金で大きな取引ができるという意味です。

例えば、資金が10万円しかなくても、最大レバレッジが500倍なら、10万円×500倍=50,000,000円分の取引ができるということなのです。

これは、資金が少なくても短期間で利益を出すチャンスが多いことを表しています。

追証なし(マイナス残高保証)

また、海外FX業者は、追証がないところが多いのも魅力です。

追証とは、追加証拠金のことで、取引中に損失が拡大し必要証拠金が不足した際に発生するシステムです。追加証拠金を期限までに入金しないと強制ロスカットになります。

しかし、FXでは急激な為替変動が定期的に起こるときがあり、数秒で一気に乱高下した際は、この追証が間に合わない時があります。追証が間に合わないと、強制ロスカットが発動しないわけですから、損失が膨らみ続け、口座残高が0より下のマイナスになる時があります。

国内FX業者の場合は、追証が間に合わず口座残高がマイナスになってしまった分は負債となり、顧客がFX業者へ支払う必要があります。支払う金額が数百万円と大きくても、基本的には一括で返済しなければなりません。

その為、国内FXで取引しているトレーダーは、常に追証のリスクにさらされるわけです。

「とは言っても、そんなに滅多にないでしょ?」と思うかもしれませんが、重要な経済指標時などに1年に3回以上は急激な為替変動があるので、リスクの確率は高いものであります。

そういった追証のリスクを避ける為に、追証がない海外FX業者を選ぶ人も多くなっているのです。海外FX業者全てが追証なしではありませんが、ほとんどが追証なしですので、万が一口座残高がマイナスになってしまっても、マイナス分はFX業者側で補填され、口座残高は0にリセットしてくれます。

海外FX業者を利用する大きな理由としては、「レバレッジの高さ」と「追証なし(マイナス残高保証)」の2点となります。

海外FX業者の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA