海外FX業者へ本番の口座を開設する方法

海外FX業者の本番の口座は、リアル口座と言います。リアル口座は、本当のお金を取引し、利益がでた分は本当のお金を出金できます。

まずは、デモ口座で取引に慣れ、練習を重ね利益が出せるようになったら、リアル口座を開設する流れが最適です。いきなりリアル口座を開設し、本当のお金を入れて、何も分からないまま取引すれば損失になる確率は高くなってしまう為です。

リアル口座を開設する

リアル口座を開設にするには、海外FX業者のホームページから行います。海外FX業者を選ぶ基準を参考に海外FX業者を選びましょう。デモ口座を複数の業者で開設し、自分に合った業者で口座開設した方が良いです。

→ 海外FX業者を選ぶ基準

ちなみに、人気が高いのは[XM(エックスエム)]という海外FX業者です。

XMは、全世界で70万人以上のトレーダーを抱えるFX業者で、日本語サポートもしっかりしており、入出金トラブルも少ない優良な海外FX業者です。

XMのホームページにも、「リアル口座開設」ボタンがあるので、そのボタンをクリックして進みます。

口座開設フォームについて

リアル口座開設ボタンをクリックして進み、フォームに必要事項を入力していきます。

デモ口座より入力するフォームの数が多少多くなっていますが、簡単な情報を入力するだけですし、ほとんどが選択式のフォームなのでクリックして進められます。

フォームも日本語表示されているので、日本語で入力してしまいそうになりますが、英語表記で入力しなければなりません。日本語で入力するとエラーが表示されます。

英語表記は、既にご存知の通り、書き順が反対になります。例えば、Yamada Taroなら、Taro Yamadaという順番です。住所も番地から反対に書いていきます。

(住所入力例)1-1 Chiyoda-ku Tokyo, Japan

上記は例ですので実在しない住所ですが、番地→町→市→県→国の順番です。

また、メールアドレスについては、1人1メールアドレスのみ登録可能です。時々、1人で複数のメールアドレスと友達の住所を使い、新規口座開設ボーナスを不正にだまし取る人がいる為です。ちなみに不正がバレると今後永久的にその海外FX業者の口座を開くことはできません。IP含めブラックリストに入るので、嘘の情報を入力しようとも本人確認書類提出時にバレます。

その為、不正にボーナス取得などはしないように絶対に気をつけましょう。

口座開設後にすること

口座開設が完了したらFX取引を始める為に、FX取引ソフトMT4(MetaTrader4:メタトレーダー4)のダウンロードとインストールをします。

MT4は無料でありながら自動売買などにも対応する高機能取引ツールです。パソコンバージョンの他、スマートフォンやタブレット端末用のMT4アプリもあります。

口座開設時に海外FX業者からEメールで送られてくる、MT4 IDとサーバー番号、パスワードの3つの情報を使いMT4にログインします。

より詳しいMT4の使い方は、下記のサイトを参考にできます。

XM FXのMT4の使い方まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA